読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyamo’s blog

高専からの大学編入試験体験記ブログ

化学の参考書と勉強法

体験記まとめはこちら

f:id:miyamo765:20161012231221j:plain

 

編入試験の化学について

旧帝大東工大などの難関大の編入試験では化学が課されることが多く,1,2年で高校化学を少しやった程度の非化学系の高専生にとっては,ほぼ忘れている化学を一から復習することになり,非常に大変です.

範囲は大学によってまちまちで,高校化学のみで対応できるところもあれば,化学科が勉強するような大学化学を出題してくるところもあります.過去問を早めに手に入れて,どのような勉強をすればいいかを把握することが大切です.難関大を受験するような高専生にとっても化学の勉強は大変なようで,みんな対策を疎かにしている感じがあります.ですので,しっかりと対策すれば周りに差をつけることができます.

僕の受験した大学では,東北大で高校化学,東工大で大学化学が主に出題されており,参考書や勉強法もこの2つの大学向けのものであることを理解した上で参考にしてください.

 

参考書

高校化学の参考書を紹介した後に,大学化学の参考書を紹介します.

鎌田の理論化学の講義

高校化学の参考書で,大学受験Doシリーズの一つです.高校化学のうちの理論化学を講義形式で解説しており,所々で演習問題として過去問が紹介されています.1,2年で習った高校化学をほとんど覚えていなかったため,内容を自分なりにノートにまとめながら理解していきました.このシリーズは独学するのに丁度いい難易度の参考書だと思います.

鎌田の理論化学の講義(大学受験Doシリーズ)

鎌田の理論化学の講義(大学受験Doシリーズ)

 

 

鎌田の有機化学の講義 

理論化学と同様のシリーズの参考書で,こちらは有機化学を解説しています.内容を自分なりにノートにまとめながら理解していきました.東北大で高分子は過去に出題されたことがなかったので全くやりませんでしたが,今年おそらく初めて出題されたので時間に余裕があれば全部やるべきだと思います.

鎌田の有機化学の講義 三訂版(大学受験Doシリーズ)

鎌田の有機化学の講義 三訂版(大学受験Doシリーズ)

 

 

福間の無機化学の講義

理論・有機化学と同様のシリーズの参考書です.こちらは無機化学を解説しています.無機化学は覚える量が膨大にあり,受験まで時間がなかったため出題されそうなところをパラ見する程度しか出来ませんでした.今年は東工大でがっつり無機化学が出題されたので,確実に受かるためにはしっかりやっておくべきだと思います.

福間の無機化学の講義 三訂版(大学受験Doシリーズ)

福間の無機化学の講義 三訂版(大学受験Doシリーズ)

 

 

 化学重要問題集

高校化学の有名な問題集です.様々な大学の過去問を難易度AとBに分けて掲載しています.東北大対策としてA問題を2周しました(無機と高分子を除く).理解・暗記しなければならない重要事項を尋ねてくる問題が多く,解き進めながら必要な知識を身につけていくことができます.

東北大対策としてはA問題で十分ですが,時間があればB問題にも取り組んでおくと安心かなと思います.

2015 化学重要問題集−化学基礎・化学

2015 化学重要問題集−化学基礎・化学

 

 

マクマリー有機化学概説

大学有機化学の参考書です.多くの体験記で東工大有機化学対策として有効だと書かれていたので,図書館で借りました.1章〜9章までの内容を自分なりにノートにまとめながら,演習問題を解きました.高校化学の有機では理由や原因が明確にされなかった事柄が詳細に解説されており,読んでいて楽しい参考書でした.高校の有機化学をある程度理解していれば全然分からないということはないと思います.

マクマリー有機化学概説 第6版

マクマリー有機化学概説 第6版

 

 

ベーシック物理化学

大学物理化学の参考書です.物理化学は”化学”と付いていますが原子物理や熱力学の内容が多くを占めているため,物理を勉強している人だとすんなり理解できると思います.物理化学の参考書を探している時にたまたま図書館で見つけた1冊ですが,基礎的な事項を初心者向けにわかりやすく解説しており,良い参考書だと思います.東工大で頻繁に出てる反応速度論もこれで対策できます.内容を自分なりにノートにまとめながら理解しました.

ベーシック物理化学

ベーシック物理化学

 

 

 

勉強法

化学が試験科目にある大学を受験するつもりであったものの,勉強を本格的に始めたのは5年になってからでした.第一志望の東工大では大学化学が出題され,第二志望の東北大は高校化学が出題されるので,まずは高校化学を理解し,その後に大学化学を勉強することにしました.5年前期の授業はほとんど聞かず,全てを化学の勉強に費やしました.

4月〜6月にかけて,上で紹介した高校化学の3つの参考書をノートにまとめながら,重要問題集で演習を行いました.ハイレベルな問題を解けるようになるには時間がないと判断し,基礎だけは絶対に落とさないように意識して知識を身につけていきました.

6月末ごろになり,そろそろ大学化学を始めないとヤバいと思い,マクマリーとベーシック物理化学をノートにまとめ始めました.また,東工大の過去問5年分を化学科の友人に解いてもらい,丸一日かけて解説してもらったりもしました.大学化学は高校化学と違いわかりやすい参考書も少なく,独学するのは非常に大変なので,化学科の友人や先生を積極的に頼って教えてもらうことが必要になると思います.ある程度の知識は自分で身につけられますが,一人では気づけないようなこともあるので.